2017年 04月 28日

ヤマブキ

4月27日(木)の国見山。
青空が広がり、風もおさまった。

憩いの森駐車場から登ってすぐ、カラマツが見えた。

春、賢治がこの木に出会うと、
「からまつの芽はネクタイピンにほしいくらゐ」(「小岩井農場」)となる。

ホント、きれいだ。

a0296449_1352392.jpg



クロモジの花は、日差しをあびていっそう輝いている。

a0296449_1353366.jpg



シロヤマブキの花が咲きはじめた。

花は下をうつむいているので、なかなか顔が見えない、ようやく1枚。

a0296449_1355643.jpg



今日は西谷に行ってみよう。

ちょうど桜が満開だった。

大正9年に策定された「和賀展勝地計画案」には、珊瑚橋からの「桜大路」に続き、
畳山の「表千本」、男山や国見山に「裏千本」「奥千本」の桜配置が示されていた。

昔のまんまの並木道。

ほのかに花の香りがする。

a0296449_142553.jpg



北の星句会の碑がある。

a0296449_1418943.jpg



句碑の周りのツバキが咲きはじめていた。

a0296449_14264114.jpg



道沿いのハナモモやヤマブキも咲きだした。

a0296449_1443075.jpg


a0296449_1444767.jpg


a0296449_1452066.jpg



斜面のスミレが目の高さに見えて楽しい。

a0296449_1464762.jpg


おもいがけず、車がやってきた。
土浦ナンバーだった。
「男山はどこですか?」と聞くので、反対方向ですよと教えた。

そういえば、最近、男山に登っていないなあ、ということで私も向かった。

北上川、和賀川の落合。雪解け水が合流する。

a0296449_149321.jpg



街の向こうに岩手山がうっすら見えた。

a0296449_14105221.jpg



西の山々はようやく青みがかってきたけど、経塚山や牛形山は真っ白。

まだまだ冬の中だ。

a0296449_14125913.jpg


# by ateruihh | 2017-04-28 14:32 | 風景 | Comments(0)
2017年 04月 24日

4月23日(日)、国見山へ。

内門岡に着くと、大悲閣(展望台)が見えた。

桜木の前に車を止めて眺めていたら、あれ? 花のなかにすっかり

入るではありませんか(笑)

a0296449_18592291.jpg




暖かい日差しのなか、のんびり散歩した。

今日は吉川夫妻と小生。

ヤマザクラも花開いている。

ひっそりしたたたずまいがいいね。

a0296449_193050.jpg




ヒトリシズカが見えた。

吉川さんが見つけてくれた。

このペンネームの女性がいたなあ、学生時代の同人誌で。

今は何をしているだろう?

a0296449_1942299.jpg




ぐるっと2時間ぐらいの散歩。

極楽寺の駐車場に戻ると、あざやかな桜に出会った。

a0296449_2258763.jpg




ちょっと気になる光景。

こんな倒木がたくさんあります。

なんとかならないものかと思います。

a0296449_197499.jpg


# by ateruihh | 2017-04-24 19:08 | 風景 | Comments(0)
2017年 04月 20日

ニリンソウ

4月16日(日)、極楽寺駐車場から国見山へ。

斎藤さん、吉川夫妻、小生。

みんなそろったとき、1台のワゴン車が隣に止まった。

おばあちゃんと家族らしい3人が車から下りてきた。

黄色い水仙を手にしていた。

山に向かう人が、花を持つのは珍しい。

「お参りですか?」と聞くと、そうですと答えた。

花束よりはやや少ない、片手で持てるぐらいの水仙だった。

自宅の庭から採ってきたのだろうか。


休憩所から右手の山道に入った。

おばあちゃんは、両手に杖をもち、登ってきた。

「後ろからついていっていいですか」と聞く。

「いっしょにいきましょう」とこたえた。

この山道には、三十三観世音がまつられている。

山道がしだいにきつくなったとき、

青々した草むらのなかに、白い花が見えた。

ニリンソウとわかった。

花は日差しをいっぱい受けて輝いていた。

吉川さんが「ニリンソウですよ」と、山道を登ってくる家族に声をかけた。

a0296449_1023856.jpg




沢水のたまりの中に、トウホクサンショウウオの卵が見えた。

もうすこし温かくなれば、生まれるだろう。

地図にある「力水」というのは、ここを示しているのだろうか。

「力水」とはどんな意味なのだろう。

a0296449_9541268.jpg



カタクリはいま満開だった。

山道の両脇に続く。

「ちょうどいい日に来たね」とみんなの会話が弾む。

a0296449_955954.jpg



お参りの家族が私たちから離れて左側の広場に向かった。

その奥に観音様がまつられていた。

あたたかい日をいっぱい浴びている。

おばあちゃんも間もなく到着した。

息をはずませていた。

笑顔だった。

声は聞こえなかったけど、「やあやあ来たよ」と言っているように見えた。

家族はあの観音様に水仙をたむけるのだろう。

その姿を思い浮かべながら、山を登った。


稜線に出ると山の西斜面に白、紫の花がたくさん見えた。

キクザキイチゲだった。

紫の花にカメラを向けた。

a0296449_9562313.jpg




まだ木々に緑はなく、そんな枝の合い間に黄色い花が見えた。

小さいけど、めだつねえ。

キブシという。

a0296449_95938100.jpg



帰り道、方三間堂跡にカタクリが咲いているのに気がついた。

1,200年前に建立されたお堂。

苔むした礎石に寄り添っていた。

観音様に水仙をささげる家族をおもった。

清明な一日かな。

a0296449_23431895.jpg


# by ateruihh | 2017-04-20 23:41 | 風景 | Comments(0)
2017年 04月 09日

カタクリ

4月8日(土)、国見山へ。

極楽寺駐車場のそばに、エンレイソウが咲いていた。

a0296449_18225541.jpg



坂道を登っていくと、間もなく、カタクリが見えた。

西和賀で見るカタクリに比べると、やや小さいかな。

a0296449_18241671.jpg



岩に寄り添うようにたたずむ。

お日さまをいっぱいうけているのだろう。

ひと足先に開花かな?

a0296449_18262036.jpg



シュンランはすっかり春を満喫していた。

a0296449_18265123.jpg



黄色いシュンランもあったよ。

a0296449_18271446.jpg



この日の参加者は13名。

陸前高田市や釜石市、金ケ崎町からの方々も。

国見山は初めてという。

カタクリやシュンランを見つけては歓声が上がった。

a0296449_18284021.jpg


# by ateruihh | 2017-04-09 18:29 | 風景 | Comments(0)
2017年 04月 02日

シュンラン 

4月2日(日)、国見山へ。

極楽寺から山に入ってすぐ、フクジュソウに会った。

a0296449_2017721.jpg




「カタクリが咲いているよ、きっと」

その期待をいだいて、山道を行く。

もうちょっとかなあ? 

岩のそばに。

もうすぐ咲きそう。

a0296449_2022544.jpg



白く輝くオウレン。

なぜ、こんな北の斜面なのだろう。

蝦夷の花、先祖の花だとおもう。

a0296449_2025658.jpg




春光に、シュンラン、ようやく。

a0296449_2028761.jpg




今日は吉川さん夫妻、真部さん、小生。

「ことしも行こう」と西山を見る。

a0296449_20304189.jpg




国見山にもクマ君がいるという、

ここに会いたくているんだ、

きっと(笑)

帰り道、管理棟で。

a0296449_20343535.jpg


# by ateruihh | 2017-04-02 20:48 | 風景 | Comments(0)