此中凡風

aterui.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 03月 22日

万寿山(2019・3・20)

3月20日(火)、朝から晴天。
天気予報は最高気温が20度近くに達する
だろうという。
万寿山(まんじゅやま)の花は咲いてい
るかな?
と思い立って花巻市台温泉に向かった。
登りはじめて間もなく、北側の斜面に
オウレン(黄連)が咲いていた。
男性が花にカメラを向けていた。
近づいてもこちらに気づかない。
撮影に専念しているようだった。
「こんにちは」と声をかけて、横を通
り過ぎた。


a0296449_17133479.jpg














頂上から南西の斜面へ下りて行くと、
たくさんのミスミソウ(三角草)が
咲いていた。
日を浴びている。
後方から歩いてき年配の二人(夫婦か
な)も花を見つけたようだった。
「あらぁ、咲いている」と女性の声。

a0296449_17155519.jpg















ピンクのミスミソウ。

a0296449_17164058.jpg











淡い紫色のミスミソウ。

いろんな色があって楽しい。
雪が消えるとすぐに出てくる花。
雪割草ともいわれる、その名前の
とおりだ。

a0296449_17171039.jpg












万寿山はこれからが春本番。
イワウチワ、ショウジョウバカマ、
シュンランなどが咲きはじめる。

a0296449_17185899.jpg































# by ateruihh | 2019-03-22 15:34 | 山・風景 | Comments(0)
2019年 03月 21日

国見山(2019・3・19)

3月19日(火)、風もなく穏やかな日。
極楽寺から国見山へ。
山道にカタクリの葉が見えた。
もう少しで開花。
昨年は4月1日に花を撮影していたから、この
分ではだいぶ早そう。

a0296449_09510864.jpg
















展望台近くの岩場。
メノマンネングサは赤みをさしてきた。
厳しい冬を乗り越えて、勢いをまして
いる。

a0296449_09525770.jpg


















岩場のイチハツ。
緑が濃くなってきた。
今年は4月末には花を見ることが
できるかもしれない。

a0296449_09540237.jpg
























西の山々はすこしかすんでいたが、
残雪が見える。

a0296449_09544836.jpg



















珊瑚岳へ向かう途中の坂道。
オウレン(黄連)が咲いていた。
ここは日陰で雪が最後まで残る場所。
白い花がたくさん。
昨年より1週間は早いかな。

a0296449_09570095.jpg
















珊瑚岳の手前、日の当たる坂道で、
スミレが見えた。
たったひとつ。
今年の「初スミレ」だ。

a0296449_09581605.jpg



























# by ateruihh | 2019-03-21 10:00 | 山・風景 | Comments(0)
2019年 03月 19日

飛竜山(2019・3・17)

北上山たびの会は3月17日(日)、
飛竜山(599m)に向かった。
花巻市東和町の国道283号線を東
に向かい、途中から左折、山道を
たどって登山口へ。
少し歩くと、お宮が見えてきた。


a0296449_20011429.jpg


















これが飛竜山神社。
ここは教念(1809-1873)というお坊さんが
修業していた場所で、霊泉を発見し病む人々に
湯浴みさせ病を治していた。
教念ゆかりの熊野・飛龍権現を祀っていたという。

a0296449_20052645.jpg



















飛竜山神社から登って行くと、鳥居が見えた。

a0296449_20063680.jpg


















ここが飛竜山神社の奥宮。
巨岩が見える。
信仰の岩であると思う。

a0296449_20083278.jpg




















本日の参加者は10名。
子どもたちの体力には、驚かせられる。
山道を駆けて行く。
その姿に、私たちみんなが元気をいただく。
ありがとう。

a0296449_20103162.jpg

















飛竜山の山頂に到着。
三等三角点にタッチ。
この山道は枯葉がたくさん積もって
いる。
どうして、こんなに?
と思わせるほど。
若葉の時季にまた来よう。

a0296449_20140077.jpg















下山、登山口に戻った。
もともと、ここには尼寺があったという。
大岩に薬師如来の碑があった。
不思議な山だ。

a0296449_20181458.jpg



























# by ateruihh | 2019-03-19 20:27 | 山・風景 | Comments(0)
2019年 03月 15日

北上市へ大活字本寄贈(2018・3・14)

北上読書連絡会(八重樫眞純会長)は、3月
14日(木)、北上市に大型絵本と大活字本
を寄贈した。
副会長の武塙忍さんが、平野憲教育長に図書
を手渡した。席上、小生も同席。
北上読書連絡会の図書寄贈は、市民から寄せ
られた本を「古本市」として販売し、その益
金をもとにしたもので、1988年(昭和63年)
から毎年実施し、今回で30回を迎えた。
寄贈図書は合計1,255冊(約445万円相当)。
贈呈式で平野教育長は「読書推進のため有効
活用します」とお礼の言葉。
武塙さんは「できる範囲で続けてきたことが
30回という結果に結びつきました」と語って
いました。
武塙さんと平野教育長。

a0296449_17524273.jpg

















寄贈した図書。
今回は大型絵本9冊、大活字本39冊の計48歳
(約20万円相当)。
拡大製作された大型絵本は、子どもたちに人
気があり、よく利用されている。大活字本は
一般図書に比べ文字サイズが4倍と大きく、高
齢者や弱視者の利用が多い。


a0296449_18085109.jpg


















益金の元となっているのは古本市。
毎年5月と11月に市立図書館の敷地で開催してい
る。「古本市へ」と本を持参してくる市民、そ
の本を購入する市民、双方向のあたたかい気持ち
が図書館への寄贈図書に結びついている。
もともとは、1993年(平成5年)に開館した中央
図書館へ、その蔵書を市民の手で提供しようと始
まった運動だった。
雨の日も晴れの日も続いた。
北上読書連絡会の会員によるボランティアで続い
てきた。


a0296449_18202420.jpg






























# by ateruihh | 2019-03-15 18:31 | ときめき | Comments(0)
2019年 03月 14日

稲瀬町フォトコンテスト(2019・3・13)

北上市稲瀬町の第5回歴史遺産フォト
コンテスト入賞の連絡があり、3月
13日(水)稲瀬地区交流センターで
賞状、副賞をいただいた。
今回は町内外18名から30点の応募が
あったという。
最優秀賞1点、優秀賞3点、特別賞5点。
小生、その特別賞だった。
つまり第3位で~す。
タイトルは「内門岡の春」


a0296449_17582180.jpg


























1人2点応募できるということで、
もう一つ出したけど。こちらは選外
だった。
タイトルは
「平安の朔日草(ついたちそう)」
朔日草は福寿草の別名。
平安時代の寺院跡がある国見山を
彩る花、といったところでした。

a0296449_18040587.jpg
































# by ateruihh | 2019-03-14 18:06 | ときめき | Comments(0)